ワキガによる服の黄ばみ…。原因と防止策!

脇の下の黄ばみ

 

ワキガによる衣服の黄ばみは、汗に含まれる皮脂やたんぱく質などの様々な成分が原因となり、しつこい汚れとなってしまいます。

 

一度黄色く汚れてしまうと何度洗ってもなかなか落ちませんよね。

 

ワキガによる黄ばみは事前に防止するのが一番です。
汚れを作る前に知っておきたい黄ばみ防止策を紹介していきます!

 

ワキガの臭い対策7選!ワキガ対策グッズを選ぶときの3つの注意点とは?

 

予洗いで黄ばみ防止!

予洗い

 

衣服の黄ばみは、服に付着した汗が雑菌繁殖をして色が出てしまうことが原因です。

 

衣服の雑菌繁殖を抑えるためには着る前に衣服の黄ばみやすい部分を予洗いしておくことをおすすめします。

 

たっぷりの泡立てた固形石鹸で優しくもみ洗いし、洗濯しておくだけで雑菌繁殖をグッと抑えることができます。

 

新品のシャツもそのまま着てしまわずに予洗いしてみてください。

 

脇汗パットで黄ばみ防止!

黄ばみを防止には衣服に汗をつけないことが確実な方法ですよね。

 

近年では脇汗パットは衣服に貼るタイプ、肌に直接貼るタイプ、何度でも使える布タイプなど多様化しています。

 

特に脇に直接貼るタイプは脇汗パッドを貼っていることが一番ばれにくいのでおすすめです。

 

付け心地も貼っていることを忘れるくらいの軽い付け心地のものが多いので、使ったことのない方は一度試してみるといいでしょう。

 

その黄ばみ・・・デオドラント剤のせいかも?

わきの下のニオイをかぐ

 

ワキガ体質の方はにおいや汗を抑えるためにデオドラント剤を使っている方が多いと思います。

 

しかし、このデオドラント剤が黄ばみの原因を招いている可能性があります。

 

特に黄ばみやすいといわれているのは「Ag+」というデオドラント剤です。

 

防臭効果が高いことで評価されていますが、名前の通り鉄分が含まれているために汗と混ざった際に酸化して色が付きやすくなってしまいます。

 

また、デオドラント剤の成分をよくみると着色料が含まれていることがあります。

 

こちらも同様に色が付く原因になりますので注意しましょう。

 

基本的にスプレータイプのデオドラント剤は汗に弱く、衣服に付着しやすいです。

 

汗をかきやすい方、黄ばみが気になる方はクリーム、ロールオンタイプなどのデオドラント剤がおすすめです。

 

デオドラント剤には「黄ばみ防止」に配慮された商品もありますので、意識してチェックしてみるのも良いでしょう。

 

皮膚環境を整えて黄ばみ防止!

わきの下を清潔に

 

ワキガによる黄ばみはアポクリン汗腺が原因ですが、サラサラとした汗を出すはずのエクリン汗腺が黄ばみの原因になることもあります。

 

ワキガによる黄ばみか否かを見分けるのは難しいですが、エクリン汗腺による黄ばみの方が色が薄く大きく広がる傾向にあります。

 

エクリン汗腺の汗が黄ばむ理由は皮膚が炎症などをおこし、真菌が繁殖している場合です。

 

湿疹や炎症など起こしているときは、無理にデオドラント剤などを使わずにまずは肌の保湿を徹底して皮膚環境を整えることを第一としましょう。

 

また、殺菌性の強いデオドラント剤を使いすぎると常在菌まで殺してしまい、真菌を繁殖する原因になる可能性があります。

 

デオドラント剤の使いすぎには注意しましょう。

 

エクリン汗腺の汗は健康であればほとんど水です。普段から適度に運動をして「良い汗をかく」習慣をつけるのも大切です。

 

また、もしデオドラントを使うのであれば、クリアネオなどのように黄ばみづらいワキガクリームを使うと良いでしょう。

 

服の素材で黄ばみ防止!

服の素材によってワキガによる黄ばみやすさが変わります。

 

黄ばみにくい素材はコットンやシルクのような通気性が良く吸水性も良い天然素材です。

 

一方、黄ばみやすい素材はナイロン・ポリエステルなどの化学繊維です。

 

これらは速乾性には優れている面もありますが、においだけが衣服に残りワキガとの相性が悪いことが多いです。

 

特にヒートテックなどは吸水性も悪くにおいが残りやすいので要注意です。

 

ワキガ臭の原因を知っておこう
単純に脇の黄ばみといっても、ワキガ・デオドラント剤・皮膚の真菌繁殖など原因は様々ですね。

 

原因によって防止策も異なりますので、まずは原因を確かめることから始めましょう。

 

 

※関連記事

ワキガの臭い対策7選!ワキガ対策グッズを選ぶときの3つの注意点とは?

ワキガ対策の手順とは?臭いをすぐ消したいなら専用の〇〇を!