ワキガ対策にオリーブオイルが効果的って本当なの?

瓶に入ったオリーブオイル

 

夏は汗が多いため、ワキガ体質の人にとっては頭の痛い季節です。

 

少しでも臭いを抑えるためにいろいろな対策を取っているあなたに、耳寄りな情報があります。

 

なんと、オリーブオイルがワキガの臭いを抑える効果があるのです。

 

なぜオリーブオイルがワキガの臭いを抑えることができるのか、そのメカニズムについて説明していきましょう。

 

ワキガの臭い対策7選!ワキガ対策グッズを選ぶときの3つの注意点とは?

 

ワキガのカギを握るアポクリン腺

脇の下の臭いを嗅ぐ女性

 

まず、ワキガの臭いが発生するメカニズムについて説明していきます。

 

人間の汗腺にはエクリン腺とアポクリン腺の2種類があります。

 

エクリン腺からの汗がほぼ水分と塩分からなっているのに対し、アポクリン腺の汗には脂質やタンパク質が含まれているという違いがあります。

 

そして、この成分の違いがワキガのカギを握っているのです。

 

とはいえ、汗を拭いたタオルをにおってみれば分かりますが、汗そのものには臭いの原因となるような成分は含まれていません。

 

では何が原因なのかというと、アポクリン腺の汗に含まれている脂質を栄養分として繁殖する、コリネバクテリウムという細菌が原因なのです。

 

コリネバクテリウムが脂肪分を分解する際に生じる分泌物の臭いが、ワキガの臭いの正体なのです。

 

アポクリン腺はわきの下やデリケートゾーンなど特定の部位にしか存在していませんので、コリネバクテリウムの繁殖できる場所も限られます。

 

その結果、あたかもワキの下から臭いが出ているように見えてしまうというわけです。

 

飽和脂肪酸やリノール酸が臭いを強くする

問題は、ワキガの臭いは摂取する脂肪の種類によって、強くなってしまうということです。

 

その脂肪分とは、飽和脂肪酸とリノール酸です。

 

まず飽和脂肪酸ですが、動物性脂肪に含まれている脂肪酸の成分の多くはこれだと考えていいでしょう。

 

日本においてワキガが目立つようになってきたのは戦後、食生活が欧米風に変化してからだとされています。

 

これは食生活の変化によってワキガになりやすくなったというわけではなく、ワキガ体質の人の臭いが強くなったということなのです。

 

では、植物性脂肪ならばいいのかといえば、必ずしもそうではありません。

 

実は植物性脂肪のうち、リノール酸を主成分としているものは、ワキガの臭いを強めてしまうということが分かっています。

 

つまり、ワキガの臭いを抑えるためには、リノール酸を主成分としていないものを摂取する必要があるということになります。

 

付け加えると飽和脂肪酸やリノール酸は酸化しやすく、これによって独特の臭いを発するようになります。

 

これがワキガの臭いをまじることによって、さらに臭いを強くしてしまうというわけです。

 

オリーブオイルの脂肪分の大半はオレイン酸

では、オリーブ油の特徴は何でしょうか。それは、脂肪酸の大半がオレイン酸だということです。

 

上にも書きましたように、ワキガの臭いを強くしてしまうのは、飽和脂肪酸とリノール酸です。

 

調理に使用する油をオリーブ油に切り替えるということは、ワキガの臭いを強くする飽和脂肪酸とリノール酸の摂取量を減らすことにつながります。

 

これによって、多少なりともワキガの臭いを抑えることができるというわけです。

 

また、オレイン酸の特徴のひとつに、酸化しにくいというものがあります。

 

上にも書きましたように、飽和脂肪酸やリノール酸が酸化するときに発する臭いは、ワキガの臭いを強めてしまうという効果があります。

 

オレイン酸は酸化しにくいためこうした臭いを発することはありませんので、ワキガ以外の臭いの要因も抑えることができるというわけです。

 

オリーブオイルはワキの下の掃除もできる

綺麗なわきの下の女性

 

実はこのオリーブオイル、食用としてのみ効果があるわけではありません。

 

ワキの下の掃除に使うこともでき、これによってもワキガの臭いを抑えられるのです。

 

毛穴には垢やホコリ、皮脂などが詰まっており、ワキの下もその例外ではありません。

 

こうした汚れはコリネバクテリウムをはじめとする細菌の栄養分になってしまいますので、ワキの下の臭いを強める原因になるのです。

 

ワキガの臭いを抑えるためには、これらの汚れをいかにして取るかも重要です。

 

オリーブオイルでワキの下を拭くことによって、こうした汚れをしっかりと取ることができます。

 

オレイン酸は脂肪酸の一種ですから、皮脂を含む皮膚の汚れを取るのに適しているのです。

 

汚れをしっかりと取ることで細菌の栄養分が減少し、臭いを減らせるのです。

 

ちなみにワキの下をオリーブオイルで拭くことで皮膚にバリアを作ることができ、乾燥を防止してくれる効果もあります。

 

皮膚の乾燥は皮脂の分泌量を増やし、ワキガの臭いを強くする原因になりますので、一石二鳥といったところではないでしょうか。

 

オリーブオイルはワキガ対策に食べて良し、塗って良しというすぐれものです。

 

気になる価格の方も、ワキガクリームなどと比較すると高価ではありませんので、一度購入して試してみるのもいいかもしれませんね。

 

 

※関連記事

ワキガの臭い対策7選!ワキガ対策グッズを選ぶときの3つの注意点とは?

ワキガ対策の手順とは?臭いをすぐ消したいなら専用の〇〇を!