ワキガの手術と治療の流れ!治療法にはどのような種類がある?

メスと手に取る医師の手元

 

ワキガの手術はワキガの原因となる汗腺のアポクリン腺やエクリン腺、皮脂腺を除去をします。軽度のワキガにも重度のワキガにも対応することができるのが手術という方法になります。

 

そもそもワキガの治療というのは皮膚科や美容外科で行われます。症状の程度によって治療法は変わってきます。ワキガの手術方法にもいくつかの方法があります。

 

実際に自分ではワキガだと思っていても専門家の判断ではワキガではない場合もあります。まずは、病院に足を運んで相談する事からはじまります。皮膚科を受診すると保険が適用されます。

 

ワキガの臭い対策7選!ワキガ対策グッズを選ぶときの3つの注意点とは?

 

ワキガの手術と治療の流れ

ワキガの治療を受け、手術を受けるまでの流れはどのようなものになっているのでしょうか。基本的なよくある流れを紹介していきます。

 

まず第一番にすることは、ワキガの相談をすることです。その場合は皮膚科の医師に相談してみましょう。

 

症状が軽いと判断されると手術ではなくて、まずは薬物療法などの治療がはじまって様子をみます。薬物療法に使われる薬は汗を抑える飲み薬や、脇の下を消毒する塗り薬です。

 

最初のこの診断でワキガではないと判断されると臭いの改善方法などを紹介してもらえます。

 

次に薬の投与が続いても症状が改善されない場合は治療や手術が行われます。ここで病院で治療を行うか、美容クリニックなどで治療をするかを決めていきます。

 

ワキガの治療や手術を受ける場合は、たくさんの種類の中から自分にあったものを選ぶ必要があります。そして手術や治療後のアフターケアーは個々によって違いがあります。

 

ワキガの治療法

ワキガの治療法は症状によって変わってきます。

 

軽度のワキガの場合は「ボトックス注射」という方法があります。これは汗腺が汗を出すのを抑える製剤を注入していきます。

 

症状によっては保険適用も受けられる治療ですが、重度のワキガの方には向いていません。超音波や電磁波などのレーザー治療で汗腺のアポクリン腺とエクリン腺を熱で焼き切るいう治療方法もあります。

 

この治療は重度の場合は再発することもあるそうです。

 

電気凝固法という治療は脇の下の毛根あたりに針をさしてそこに電流を流して毛根を固まらせて、アポクリン腺、皮脂腺を破壊させます。

 

マイクリムーブ法という治療は小さな穴をあけて管をさしこんでアポクリン腺を取り除いていきます。ここまで紹介した治療は手術跡は残りません。

 

直視下手術法

直視下手術法の剪除法は、現在では最も多くの病院でワキガの治療法として行われている効果が安定している手術です。脇の下を3〜5センチ切開して、脇の皮膚の中身を見るとアポクリン腺があります。

 

このアポクリン腺を一つ一つ目で確認しながら除去していく手術です。メリットとしては確実にアポクリン腺の除去ができるということです。

 

デメリットは他の手術よりも手術跡が残るということです。入院の必要なないのですが、術後のケアは必要になります。

 

非直視下手術法

非直視下手術法は術後の手術跡を考慮している治療法です。いくつか種類があります。

 

「皮下組織吸引法」は脇の下に穴をあけてカニューレを挿入させてアポクリン腺やエクリン腺、皮脂腺をかき出しながら吸い取っていきます。

 

1センチ位の小さな穴をあけての治療などで傷跡は目立ちません。

 

広い範囲の汗腺を除去できますが、取り残しがあると再発の可能性もあります。

 

「超音波吸引法」はこれは皮下組織吸引法の手術方法を少しかえた、超音波でアポクリン腺を破壊させながら吸い込んでいく手術方法です。

 

この手術は皮下組織吸引法よりも効果は高いのですが、再発の可能性もありますし、火傷や皮膚壊死などの合併症が起こるリスクがあります。

 

「皮下組織削除法」は脇の下を1センチ位切開して皮膚の表面を皮下組織ごとけずって汗腺を除去する手術です。

 

この手術は効果が高いのですが、回復するまでに時間がかかります。高い技術の医師が行わないと失敗してしまうなどのトラブルもあります。

 

わきが治療のために手術を決断する前に

ワキガの手術にはメリットもデメリットもあります。そして手術となれば体への負担ももちろん大きくなります。まずは手術を決めるまでに、医師と十分に相談していきましょう。

 

出来れば、こちらでご紹介するような、返金保証付きのデオドラントを使ってワキガ対策をしてみましょう。相性によっては思いのほか効果が出てくるケースもあります。

 

まずは、低リスクの方法でワキガ対策を実践されてみてはいかがでしょうか?

 

 

※関連記事

ワキガの臭い対策7選!ワキガ対策グッズを選ぶときの3つの注意点とは?

ワキガ対策の手順とは?臭いをすぐ消したいなら専用の〇〇を!