ワキガ対策として石鹸のススメ!選び方のポイントとは?

泡の付いた石鹸

 

ワキガ臭がしているイコール、それだけニオイ菌が発生しているということ。

 

あのワキガの独特なニオイを消すために、どのようにニオイ菌の発生を抑えたらいいのでしょうか。

 

そのヒントは、ワキガ対策用の石鹸を選ぶということです。こちらではその石鹸の選び方をご紹介します。

 

ワキガの臭い対策7選!ワキガ対策グッズを選ぶときの3つの注意点とは?

 

ワキガ対策なら石鹸で体をよく洗うことが重要

ワキガの人の対策としてワキの下を良く洗うということは基本中の基本です。ただし、ボディソープでごしごしと洗うだけではNGです。

 

消臭効果、除菌効果のある石鹸を使ってそのままワキを洗うことがより効果があります。

 

固形石鹸は昔っぽい、今はボディソープがあるからという方も多いと思います。

 

確かにいい香りのするボディソープはたくさんありますし、一瞬そのフローラルな香りに包まれてワキガも治ったのかなという錯覚に陥りやすいです。

 

が朝おきると夜寝ているときの汗などの分泌物によって再びワキガのニオイがしてしまう。

 

これはきちんと除菌ができていないからなのです。

 

尿素配合、消臭効果が高いもの、除菌効果が高いものということで固形石鹸も数多く売られています。

 

のでそれらをわき専用として使うのもいいと思います。とにかく、除菌をすることを心がけてください。

 

ワキガ対策のための石鹸の選び方

石鹸で体を洗う女性

 

お肌に最も刺激が少ないとされているのは弱酸性などではなく固形の石鹸ということを知っていましたか?

 

肌トラブルで皮膚科医などに相談にいくと、洗顔は何を使っていますか?ということを聞かれます。

 

オイル使用のメイク落としや、市販のミネラルオイル配合のメイク落としはNGなのです。

 

今回はワキガ対策という石鹸のため、通常の石鹸ではなく消臭、抗菌効果の高い石鹸とともに、保湿力がある石鹸にしましょう。

 

またそれとともに泡だちがいいことも重要です。泡で優しく毛穴、汗腺の奥から汚れを引きだすようにするのです。

 

保湿力が高くないと、皮脂が分泌され、汗のニオイやワキガのニオイを強くする傾向があるのです。

 

イマイチ、ピンとこない方はお肌で考えると大変わかりやすいと思います。

 

冬の乾燥した時期などお肌がかぴかぴだなと自分の体がわかると自然と脂をだして保湿しようとするのです。人間の体はよくできています。

 

そのためまた油取り紙などで顔の脂をとってしまうと、さらに脂を出すように身体が反応するのです。これと同じことがわきで起こっているのです。

 

おすすめは泡立ちのいい石鹸

石鹸を泡立てている

 

洗顔フォームもそうですが、ふわふわの泡で洗浄すると泡で顔をぽんぽんと押さえるだけで汚れが浮き出てくれるのです。

 

ごしごしとタオルなどでこすると皮膚を傷める原因となるのでそれを防ぐためにも泡立ちのいい石鹸を選択することをおすすめします。

 

またCMなどに惑わされず、自分でいいなと感じた石鹸を使うようにしてください。

 

今ではお化粧品もそうですが、無料お試しモニターなどというものもありますので使ってみてよかったら継続などの措置をとると宜しいかと思います。

 

また販売されているサイトや口コミなども選択するうえでの材料にされるといいですね。

 

きちんとしたものを選択しないと余計ニオイの菌を増やしてしまうことになりますのでご注意ください。

 

また洗浄するうえで最も重要なことは、きちんと洗い流すことです。いくらきれいに洗って汚れを落としたとしても泡が残っていたり流し残りがあるとそれが毛穴や汗腺につまってしまってさらなるニオイの原因となるのです。

 

たかがと思う方もいるかもしれませんが、きちんと除菌できればワキガのあの独特なニオイともさようならできますのでがんばりましょう。

 

ワキガである人もそうでない人も、予備軍と呼ばれる方もいるかと思います。夏本番を迎える前にニオイ対策をきちんとしておくようにしましょう。

 

ワキガの予防やケアは自分だけのためではなく周囲の人へのエチケットでもあります。

 

 

※関連記事

ワキガの臭い対策7選!ワキガ対策グッズを選ぶときの3つの注意点とは?

ワキガ対策の手順とは?臭いをすぐ消したいなら専用の〇〇を!